浦和は今年もダメだったね・・・。


昨日、J1明治安田チャンピオンシップ決勝第2戦を
テレビで見てたんだけど、浦和レッズは今年もダメだったね・・・。

結果は浦和レッズが興梠の見事なボレーシュートで先制、
鹿島アントラーズ、金崎のヘディングシュートで追いつき、
後半に槙野のファウルで鹿島アントラーズがPK獲得して、
再び金崎が冷静に決めて2−1と逆転、浦和レッズも
パワープレイで攻めたがそのまま試合終了で
鹿島アントラーズが優勝した。

毎年、いいところまで行っても途中で失速して
優勝を逃してきたから今年こそは、今年こそはという
思いは選手にも監督にもサポーターにも強かったと思う。

でも、最後の最後で逆転されてしまう・・・。
最後の失点は完全に槙野のミスだけど
チーム全体の集中力が一瞬途切れる場面が
いつもあるような気がする。

今の浦和レッズのチームの主力は西川、槙野、柏木、興梠など
ほとんどが移籍選手で生え抜き選手が目立たない。

皮肉なことに生え抜きの原口はドイツのブンデスリーガ、
ヘルタ・ ベルリンで活躍して日本代表でも史上初となる
4試合連続得点を記録して結果を残している。

浦和レッズは豊富な資金力で有力な選手を次々に獲得して
チームのレベルを上げてきたんだけど、
Jリーグレベルで生え抜きを育てないチームはやっぱり、
本当の強さはないんじゃないかな?

サンフレッチェ広島やガンバ大阪などは育成世代で
結果を残しているからJ1でもいい影響が出ている。

浦和レッズはお金に頼らず選手を育てていった方が
最終的には本当の常勝軍団を作ることができると思う。



Copyright © 2016 ゆうさんの気ままな日記 All Rights Reserved.